土地に最適な住宅

ホームへ戻る > 土地に最適な住宅

福井県の工務店で好みの家を建ててもらう
穏やかなセカンドライフ
高齢者福祉への取り組みや教育環境を充実させる地域づくり
地域に根ざした工務店
一戸建ての賃貸や売買による空き家等情報バンク制度

昨今昨今、欠陥住宅、欠陥マンションの問題が大きく取りざたされています。欠陥住宅は、建築から施行までを一貫して行うハウスメーカーや工務店に多く見られます。

又、工務店の建売住宅にもみられます。これらを解消する為に、住宅の施工現場に第三者のチェックが入る機会が増えてきています。家という高い買い物をするのですから、誰でもが高品質の家を手に入れたいという思いを持つのはあたりまえの希望でしょう。

検査対象は大手住宅メーカーの施工現場が80~0%を占めるようで、次いで工務店になります。さらに、ミスが一番多いところは基礎部分にあるようです。宮崎県は県の76%を森林が占めています。家の柱などに使われるスギの生産量、新設の戸建て住宅のうち、昔ながらの方法で作っている木造住宅の割合が全国で平成18年度は1位でした。

宮崎県内に現存する住宅の中で最も古い建物は、江戸時代に五ヶ瀬町に建てられた「旧藤田家住宅」です。 柱に、天明7(1787)年に建てられたと刻まれていました。「みやざきスギ」をたっぷり使った住宅を積極的に建ててもらうため、宮崎県では「みやざきスギ」をふんだんに活用し、その良さが実感できる県産材住宅の建設と、これを活用した普及・PR活動に取り組まれる工務店等を募集しています。