地域の気候や風土を深く理解した注文住宅

ホームへ戻る > 地域の気候や風土を深く理解した注文住宅

歴史と文化が息づく町
住まいの価格に対する地域格差
暖房に対する家計の負担について
土地に関しては下落傾向
古い外観を維持したリフォーム

注文住宅を建てる時、皆さんはどこに依頼しますか?大きく分けて3つあります。それは、ハウスメーカー、建築設計事務所、工務店の3つです。

大手ハウスメーカーはテレビのコマ―シャルに芸能人を起用して宣伝しているところも多く、又住宅展示場では週末になるとイベントが行われる為に、知名度も高いでしょう。建築設計事務所は、家を建てる時の設計だけでなく、工事の監督もしてくれます。

その料金は、工事費全体の10パーセント程度となっていますので、工務店やハウスメーカーと比べても、そう高いとは言えないでしょう。

工務店は、地域に密着し根ざしているところが多いので、細かい配慮が期待できます。ハウスメーカー、建築設計事務所、工務店、それぞれ依頼するメリットはあります。自分の理想の家作りを目指すには、どこに依頼するのが一番良いのか慎重に考えることが必要です。

日本列島の最西端に位置する長崎県は、半島と多くの離島から構成されています。地理的、歴史的に複雑な様相を呈する長崎県は、建築物においてもひとくくりにはできない特色を持っています。

ある調査によれば、長崎県の住宅の特色を大まかに分類すると、武家住宅の流れを汲むもの、醸造業・網本のなどの複合建築、市街地の町家建築、旅館や飲食店などの接客型大建築、地元長崎の有力者の邸宅などに分けることができるそうです。