住まいの価格に対する地域格差

ホームへ戻る >  地域の気候や風土を深く理解した注文住宅  > 住まいの価格に対する地域格差

私は関東の人間です。なので、基本的には、関東に多くの知人がいます。

しかし、なぜか九州には縁があり、福岡県に知人が住んで居ます。福岡市と大牟田市です。福岡市に住んでいるものは、賃貸マンションに住み、大牟田市に住んでいるものは一戸建てを購入しましした。

そこには住まいの価格に対する地域格差があるためです。賃貸に住むか一戸建てに住むかは、人により考えが異なります。よほど経済的に余裕が無い限り、一括払いで一戸建てを購入できる人は限られてしまいます。通常、住宅ローンを組み、例えば20年間などローンを払い続けることになります。重くのしかかる経済負担です。しかし賃貸マンションの場合、月々の家賃の支払いは発生するものの、翌月から住むことを辞めれば、支払いもなくなります。また、同じ都道府県内でも土地の相場が異なる為、一戸建てを購入しようと思っても希望の都市に購入できないという状況に陥ります。

福岡県福岡市内に住んでいる私の知人は、このあたりの理由から、賃貸に住んでいるものの、やはり、福岡市内で一戸建て住宅を希望しています。そういったときの強い味方が、この福岡市内で一戸建てを安価に建てている工務店で、気軽に相談も受け付けています。

福岡県の中心と言えば、福岡市の博多です。大牟田市は福岡市に近いですが、それだけで土地の相場、賃貸マンションの価格が福岡市と違ってきます。福岡市に住んでいるものは購入したくても一戸建てを購入できず、でも福岡市以外には住みたくないという思いがあり、賃貸マンションに住むことを決めたと話しをしていました。