暖房に対する家計の負担について

ホームへ戻る >  地域の気候や風土を深く理解した注文住宅  > 暖房に対する家計の負担について

青森県には10の市と22の町、8の村の計40市町村があります。青森県の人口は、約140万人で、全国第28位となっています。世帯数は約51万世帯で、青森県は、三方を海に囲まれており、昔から漁業が盛んです。

又、津軽地方では米やりんごづくり、県南地方では野菜づくりや畜産業が盛んです。又、十和田湖など美しく雄大な自然にも恵まれており、青森ねぶた祭りは日本三大祭りとして、大変に有名です。青森県の不動産事情は、土地価格推移を見てみると、年々平均坪単価は下落傾向にあり、1993年の30.2万円以降、下落が進み2009年には最安値の13.4万円までに下がっています。

青森県内での不動産価格の高い地域はやはり、青森市で坪単価は18.9万円と県内トップです。全国では580位になっています。続いて八戸市の16.2万円、三沢市の14.9万円となっています。不動産としての需要はあまり高いとはいえません。

三方を海に囲まれているので、冬の寒さは厳しく、暖房に対しても家計の負担を更に大きくする事は想像できるでしょう。利便性を考えると青森県の不動産は青森市や八戸市に人気が集中するようです。田舎暮らしをしたいという人や、夏の間の別荘というような目的で購入される方にはそれ以外の地域も土地単価も安いので、購入しやすく良いのではないでしょうか。