古い外観を維持したリフォーム

ホームへ戻る >  地域の気候や風土を深く理解した注文住宅  > 古い外観を維持したリフォーム

京都には京都ならではの歴史と文化があり、建築物も社寺、町家、数寄屋住宅、茶室など古くから伝わるものがたくさんあります。これらを手掛けるのは京都でも昔からある工務店や、その工務店にて経験を積んだベテラン大工さんが多いです。最近ではビルやマンションなどにも茶室を作って欲しいと依頼をうけることが多いそうですが、茶室を作ると工務店により価格は異なりますが、一般的に建築費用が高くなります。

アトピッコハウス(塗り壁)
http://www.perfectwall.biz/

しかし、住宅メーカーや建売住宅の場合、販売価格に宣伝費や事務所、ショールーム維持費などが加わり工務店で建てるよりも建築費が割高な場合が多いです。その結果、建物内に茶室を希望するならば、ハウスメーカーや建売販売で購入するよりも、工務店に茶室込みの間取りで見積もり、設計を依頼した方が自分の気に入る建物が建てられるのではないでしょうか。また、京都に昔からある古い建物の外観をそのまま残したいと思われる方は、住宅の中だけをリフォームすることがおすすめです。最新式のシステムキッチンや、洗面、バスなどの水廻り設備を取り入れたり、最近では京都の寒い冬を暖かく過ごそうと、床暖房に変更される方も増えてきました。また最近では茶室にも床暖房を希望される方が増えてきています。

アトピッコハウス(塗り壁)ならこちら
http://www.perfectwall.biz/