口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能異常

ホームへ戻る > 口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能異常

全身の健康に影響を及ぼす幅広い矯正治療
虫歯や歯周病の治療を怠る
マウスピース矯正
人工的に動かして歯並びをきれいに
咬み合わせ不正咬合

矯正歯科治療は一般的に高額な医療費がかかるというイメージがあると思います。矯正歯科治療は一部の症状を除いては保険適用外の治療なのです。ですから、矯正歯科治療における検査料や診断料、治療費は全額自己負担になるのです。しかし、保険が適用される場合が2つあります。1つ目は口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能異常がある場合で、2つ目は外科的な治療が必要な顎変形の治療の場合です。口蓋裂や口唇裂とは、上唇や口蓋が生まれつき裂けた状態である先天的な形成異常のことです。

2つ目の場合には、顎離断等の顎の骨を切る手術を行うことが前提となっています。外科手術の術前、術後の歯並び、かみ合わせを矯正歯科治療として、保険を適用するには、顎口腔機能診断施設に指定されている医療機関での受診が必須条件となっています。足立区はあだちくと読み、足立1丁目~足立4丁目まで存在し、全域が居住表示地域になっていまます。足立歯科矯正と検索をかけると、足立区内にある歯科矯正専門の歯科医院が検索できます。ホームページにてメールでの質問を受け付けている治療院もありますので、実際に通院する前に問い合わせしてみて、歯医者を選択するのも良い方法だと思います。