虫歯や歯周病の治療を怠る

ホームへ戻る >  口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能異常  > 虫歯や歯周病の治療を怠る

日比谷という地名は、かつて東京湾の奥の浅瀬となっていた頃に「日比谷入り江」と呼ばれていました。その地域ではエビの養殖用に竹のヒビを多数立っていた事に由来すると言われています。江戸幕府が江戸城に入城した後は、湿地帯の埋め立てが進み、日比谷地区の漁村が大名屋敷と変化していきました。明治時代には、帝国ホテル、鹿鳴館等の近代化を象徴する街へと変化し現在では日本を代表するビジネス街へとなっています。この日比谷の街ではビジネスマンから官公庁までの様々な人々の健康を支えている領域のなかに歯医者が存在します。歯は食べ物を咀嚼するだけでなく、健康維持、病気予防、言語の発生調整などの様々な重要な役割を果たす機能であり、その虫歯や歯周病の治療を怠ると虫歯菌や歯周病菌が全身に浸透して様々な病気を引き起こし最悪は死に至るケースもあります。

特にビジネスマンや官公庁の職員の方々は、毎日が忙しく歯医者に行けないケースが多く出てきます。特に多いのは喫煙による歯周病であります。歯医者の統計では、非喫煙者が歯周病になった場合よりも喫煙者が歯周病になり治療を行なった場合には約2倍以上の抗生物質の投与と時間がかかると言われています。これは喫煙によって血管が収縮していることが原因の1つとされています。