咬み合わせ不正咬合

ホームへ戻る >  口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能異常  > 咬み合わせ不正咬合

新橋は東京都港区にある地名であります。一般に新橋というと狭義には住所表示の町名である新橋1丁目から6丁目の事を言いますが、広義には隣接する汐留にまたがる地域全体を指すことがあります。そして新橋の名前の由来は、汐留川(新橋川)にかかっていた東海道の橋の1つの新橋(現在の銀座8丁目交差点周辺)から来たと言われています。新橋の歴史は、日本の近代化の歴史とも言われます。1872年明治5年に日本初の鉄道が新橋駅(後の汐留貨物物駅)に開通し、そして明治15年には新橋から日本橋まで日本初の馬車鉄道も開通し、大正3年に新橋駅が汐留駅に、烏森駅が新橋駅に改称されました。新橋にある歯医者さんで面白い張り紙がありました。それは咬み合わせによるマメ知識というものです。よく咬み合わせが悪いと病気になったり集中力やいざという時に力が入らないと言われています。

その歯医者さんが言うには、かみ合わせを悪くする原因の第一はむし歯と歯槽膿漏であり、咬み合わせが悪いから虫歯や歯槽膿漏になるという悪循環を引き起こすと言う事です。そして咬み合わせ不正咬合にならないために一番大切な事は、虫歯にならないことで虫歯になってもしっかり歯医者での治療を行なうことです。そうする事によって80歳まで入れ歯を使わず、20本の歯を維持する事が可能になります。